生命保険(契約時に虚偽があると、保険金がもらえないこともあります)は、以下のように大きく3つに分けられるでしょう。 ・定期保険 ・養老保険 ・終身保険 定期保険は掛け捨ての保険なので、満期を迎えてもお金は戻ってきません。 しかし、高額保障を受けることができるというメリットがあります。 また、満期の間までに死亡した場合は死亡保険金を受け取ることができるでしょう。 その為に、貯蓄性はありませんが、保障性は非常に高い保険だといえます。 養老保険とは、年々お金が貯まっていく保険のことです。 満期までの間に死亡した場合は死亡保険金を受け取ることができますし、満期まで生存していたケースは満期保険金も受け取れます。 保障性は高いとはいえませんが、貯蓄性は高い保険です。 終身保険は、死亡するまでずっと保険が継続されます。 死亡した場合には保険金を受け取る事ができ、解約時にはお金が戻ってくるでしょう。 つまり、保障性と貯蓄性を兼ね備えた保険ということになりますね。 以上のように、それぞれ特徴が異なるので、自分に適したものを選択するなさってくださいねー